不動産の売買は、初めてというお客様も安心して売買を進められるように、仲介と買取のお取引の流れをまとめてみました。
ぜひ、ご参考としてください。
査定依頼の際、建物がある場合は内見させてもらう事が必要になります。
物件、地域によってはお取り扱い出来ない場合もございます。

いままでの仲介による買取方法 不動産買取GETの買取方法
査定依頼 査定依頼
お客様自身で、お電話等により不動産会社に査定の依頼を申し込みをしなければなりません。依頼業者が数社に及ぶ場合は説明がすごく大変な場合があります。 無料査定依頼フォームより、お客様の必要事項をご入力して送信ください、早ければ約3分程度で完了できます。

価格提示及び予想価格 買取価格提示及び買主の決定
予想価格(市場で取引される価格)を基準として、価格査定を掲示されます。あくまでも売出し価格なので、この時点では成約価格を保証するものではありません。仲介業者もお客様の依頼は是が非でも欲しいはずです。中には市場価格を大幅に上回る提示を出す業者もいます。 送信いただいた情報を元に、お客様に依頼確認のご一報を入れさせて頂きます、不動産買取GET加盟店のスタッフが、独自の調査を行い物件のおおよその価格を決定します。調査完了後、メールにて査定価格をお送り致します。(最短で翌日にお送りします)

また、買受条件も明確にされているため、迷うことなくご検討いただけます。

広告期間及び販売期間 売買スケジュールの打ち合わせ
媒介契約後に広告等により、買手探しが始まります。購買意欲のある買手が現れると、現地案内をされますが、何人もの人が見に来ているのに、まったく決まらないケースも多々あります。 売買までのスケジュール等をお打ち合わせします。お客様のご都合に合わせたスケジューリングが可能となりますので、慌てることなく、安心して必要な準備を行う事が可能です。

売買の申し込み
買手が見つかると、契約になります。値引き交渉や買手の有利な条件を強いられる事も珍しくなく、双方の引渡し日の食い違いや、買主側の支払い条件等(金融機関申込み期間)をお互い確認します。

価格交渉
買受申し込み、売り渡し共に、条件の提示は仲介業者主導で行います。買手との直接交渉は原則行えません。買手との意思疎通がうまくいかどうかは仲介業者との信頼関係に依存するしかありません。

契約 契約
買い手側が融資を利用利用した場合、契約をしても、「白紙解約特約」をつける事が慣行となっています。引渡しになるまで、油断が出来ないこともあります。 お打ち合わせ後、納得いただけた価格でご契約をいたします。ご契約に関して不明な点などある場合は、ご納得いただけますまでお気軽にご質問いただけます。

残金決済 残金決済
各種特約、引渡条件をクリアできれば、決済・所有権移転等の手続きとなります。販売が長期に渡ってしまった場合、思わぬ費用がかかってしまっていたり、希望通りの結論を得られなかったというケースもよくある話です。
契約完了後は代金のお支払い手続きとなります。買取価格の提示(2)より、最短3日~1ヶ月位で現金化が可能となります。(抵当権の抹消などで時間を要す場合がございます。)